web屋の備忘録

ホームページ制作、webマーケティング、技術資料など

*

【第7回】私の情報源を公開します。

      2016/01/04

headtitle-20130618

良いコンテンツを作るには、「情報収集」が欠かせません。
常に新しい情報を仕入れて、ユーザーにとって有益なコンテンツを
提供することを心がけましょう。

では、私が日頃行っている「情報収集」の方法を公開します。

(1)悩み解決サイトで情報収集

新しいブログやサイトを立ち上げるとき、
そのテーマでユーザーが「悩み」となっていることは何かを調べます。

以下のサイトは、ほとんど定番ですね。

ヤフー知恵袋
ヤフー掲示板
教えて!goo
OK Wave
はてな

調べた内容をQ&Aのページでまとめたり、
項目に分類してコンテンツを作成します。

(2)SNSで情報収集

マニアックな情報は、それを趣味としている人たちが多く集まる場所が
有効的です。

自分自身が、その分野で無知である場合、
まず、そういうサイトで勉強してます。
初心者なのでよろしくお願いします、と書いて交流すると
みんな親切に答えてくれますので。

ミクシィ
GREE
モバゲータウン

(3)無料レポートで情報収集

「無料レポート」は、ほとんどがリスト取りのために使われますので、
ヤフーやgmailなどで面白そうなタイトルのレポートをダウンロードし、
ネタを探しています。

なかには、使える情報や自分が知らなかったノウハウもあったりしますので、
記事ネタとして蓄えています。

内容が良いと感じたレポートの作者からは、
有料情報を購入することもあります。

「メルぞう」は、少し前は登録は有料でしたが、
現在は30日間のお試しで無料で登録できます。

無料期間で退会してもメルぞうのアカウントは、
継続して利用できるようです。

メルぞう
まぐぞう
Xam
スゴワザ
激増

(4)有料情報商材で情報収集

有料の情報商材は、無料レポートと違って、
それなりにしっかり内容が書かれていたりするので、
無料レポートを大量に集めるよりは、
良質な情報が短期間で収集できます。

しかし、お金もかかることなので、
購入にはよく調べてから決断してください。

「情報商材名 + 口コミ」
「情報商材名 + 評価」
「情報商材名 + 検証」
「情報商材名 + 詐欺」
などで、あらかじめネットで調べてると良いでしょう。

購入前に、販売者にメールでいろいろと質問してみると
よいと思います。

インフォトップ
インフォカート

(5)アフィリエイトASP

アフィリエイト・サービスを提供しているサイトに登録して、
自分が紹介したいと思った企業と提携します。

企業側としては、
アフィリエイター様に、自社の製品を紹介して欲しいため、
積極的に最新情報などをメールで配信しています。

この企業が配信しているメルマガから、
最新情報をゲットしましょう。

A8
バリューコマース
楽天アフィリエイト
リンクシェア

(6)人気サイト

人気のサイトは、ユーザーも多いため、
飽きさせない工夫や、最新情報が満載です。

情報収集のためでもありますが、
良いと思ったことは、積極的に自分のサイトに取り込んで
真似したいところです。

楽天市場
アマゾン
価格.com
アットコスメ
YOUTUBE
ウィキペディア
ネイバー

(7)Googleの「アラート」機能を使う

指定した「キーワード」に関する最新のGoogle検索結果をメール配信してくれるサービスです。
これはかなり便利な機能です。使わない手はないですよ。

(8)その他の媒体

情報源は、ネットだけではありません。
書籍、雑誌、業界紙、新聞、広告チラシ、カタログ、フリーペーパー、電車の中吊り等、
身の回りにあるすべてのものが情報です。

日頃からアンテナを立てて、情報収集に努めていきましょう!

 - マーケティング編