条件分岐する時に使う構文。
下記の例で、(条件文)がtrueなら、文を実行。

(1)パターン1

if(条件文) {
  文1;
  文2;
}

(2)パターン2

if(条件文) {
  文1;
} else {
  文2;
}

(3)パターン3

if(条件文1) {
  文1;
} elseif(条件文2) {
  文2;
} else {
  文3;
}

※ちなみに、「perl」では「elsif」と書くので注意。